たまに夕焼け

犬との何気ない日常

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

預かりっこ~お散歩 (2016.5.28~5.29)  

 

さかのぼって


16年5月28日(土)

バルコニーで、接近中のおふたり
ワンがそぉ~っとらったんに近寄ってきた
もちろんこの後、らったんは、キャン!と一喝です
ワンは、一喝されると大きな体のくせに、逃げていきます
そんな、臆病なワンが可愛かったです


まだ、ワンをバルコニーでフリーにさせるのは危険なので
超ロングリードで繋いでます

160528-3.jpg






16年5月29日(日)

二刀流で2匹同時に朝の散歩
なかなかお散歩が下手なワンだと発覚
とにかく引っ張りが強く、らったんとの距離がありすぎて
飼主の腕がちぎれそうで大変でした
散歩に関しては、しつけゼロなワンだと判断
徐々にしつけをしていこうと、クセを見極めていきます( `ー´)ノ


噴水に立ってクールダウンしてます

160529-3.jpg




ワンのベッドに、らったんが入ってきました
飼主がワンの方向ばかり向いて話かけるものだから、
ヤキモチを焼いていたようです
こんな接近してますが、ワンがらったんの方を向くたびに
ウゥーウゥーと威嚇しまくってたうちの娘です(笑)

可愛いツーショット

160529-5.jpg


週末もこんな感じで職場に出向き、遅くまで3人で過ごしてました
らったんは、ワンをどうしても好きになれないようでした( *´艸`)
ワンのベッドに、おちっこしちゃいました
家でも絶対にそんなことしないのに、明らかに嫌がらせです(笑)






犬との暮らし ブログランキングへ









スポンサーサイト

category: ***預かりっ子

tb: --   cm: 0

△top

いらっしゃい (2016.5.25~5.27) 

 

さかのぼって

16年5月25日(水)

里親探しすることになり、先ずは仮母と面接です( `ー´)ノ
文句なしで可愛い柴犬♂2歳半
カフェなんかも行ったことないと聞いてたので、
いきなりだけどカフェデビューさせました
大人しくテーブルの下に座ってるし…
まだ猫かぶってるだけなのか?
問題児と聞いてただけに、この姿に拍子抜けでした

160525.jpg






16年5月27日(金)

職場での生活が始まります
室内犬だったので、次のお家も室内派を希望でしたが
万が一のことも考え(外派で良い飼主さんが居るかもしれないし)
日中は、外に慣れて貰うようバルコニーに居てもらいました
夜はもちろん室内で寝んねです

家政婦は見た!な子が左上に居ますね

160527-1.jpg


らったんは、飼主が他の犬といるものだからソワソワ
落ち着くまでは2匹は近寄らせないようにしてました
2歳半といえども、力が強いからねぇ

160527-2.jpg



とりあえず、どんな子なのか、しつけは出来ているのか、
出来ていないなら最低限のしつけをしてから、
里親探しをしようと、1週間要観察でした




小型犬しか飼ったことなかったので、
このどっしりとしたモフモフ感にハマっていった仮母です( *´艸`)






犬との暮らし ブログランキングへ





category: ***預かりっ子

tb: --   cm: 0

△top

なんだかなぁ~な相談 (2016.5.22) 

 

■予約投稿■
さかのぼって

16年5月22日(日)

この日は、行き場をこれから失くしてしまうワンについて相談を受けました
お伴は、このような経験者でもあるうちの娘


160522-1.jpg


らったんはブリーダー放棄だったけど
今回のワンは家庭からです
聞けば聞くほど、腹立たしくなり

でも結局、里親探しを引き受けてしまうという…
犬に不慣れな犬が居る我が家では厳しいので

そのワン、お留守番はかなり慣れてると聞き、これなら夜も大丈夫かなと
里親さんが見つかるまで、職場で預かることにしました


160522-2.jpg


色々理由を聞いたけど、同情できる部分が全くありませんでした
だからこそ、一刻も早くこの家庭から出してあげたくなった
まだ2歳半のワンというので、新しい家族の元へ行く方が幸せかもしれない

探す自信はあったけど、一緒に過ごせば過ごすほど情が出てしまい
自分んちの子にしてしまいそうなんで
1か月以内に探すぞ計画立てました(;´Д`)


どんよ~りした気分で帰宅
でも、キレイな夕焼けが見えました
右下に淡い赤色の夕陽があります

160522-3.jpg


ブリーダー放棄犬は、居た場所が最悪の環境で
ただその日を生き伸びることしか出来ない状況で
家庭からの放棄犬だって、幸せだった時間を知っている分、
捨てられたことも分からずに、パパママどこ?って…
ただ思うことしか出来ない


そんなこんなで里親探し&ワンの世話を引き受けてしまった5月後半でした
今思い出しても、放棄理由に腹が立つけど、腹立つ話ではなく
ワンと一緒に過ごした楽しい思い出話を綴っていこうと思います






犬との暮らし ブログランキングへ






category: ***預かりっ子

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。